私はヨーロッパのビールが大好きです

ビール、特にヨーロッパのビールを飲むのが大好きです。

多くの種類のビールがあることは知っています。

また、ヨーロッパのビールの味は異なります。苦く、甘く、フルーティー。

実際、私にとってどのヨーロッパのビールが最適かを選ぶことはできませんでした。

でも今日はヨーロッパで好きなビールについて話します。

ピルスナー・ウルケル

最初のものはピルスナー・ウルケルです。

ピルスナー・ウルケルは、プルゼニで醸造されたチェコのラガービールです。

ピルスナーウルケルの微妙な甘さと心地よい苦味のバランスと、口のすっきりしたすっきりした味が大好きです。

このビールを初めて飲んだ日を覚えています。

昨年、私の親友と旅行を見るためにチェコ共和国を訪問しました。

彼は私のお気に入りの飲み物がビールであることを知っていたので、彼はチェコ共和国の彼のアパートの近くのパブを紹介してくれました。

パブで、ピルスナー・ウルケルを注文しました。ピルスナー・ウルケルは、チェコ共和国で最も有名なビールだからです。

私は感銘を受けました、味はすばらしかったです。天国にいるような気分でした

味は食べ物に合うと思ったので、夕食を食べながら飲みます。

日本では、ビールも食べ物と一緒に飲みますが、ビールの味は夕食には適していません。だから私は飲むためだけにそれを飲みます。

しかし、ピルスナー・ウルケルは食べ物に合うので、ワインを飲んでいるかのように飲むことができます。ピルスナー・ウルケルを食べ物と一緒に飲みます。

レフ・ブラウン

Leffe Beerはベルギーを起源としています。私はレフ・ブランドのビール、特にレフ・ブラウンが大好きです。

レフブラウンは本物の修道院のビールです。深みのある濃い茶色とフルでわずかに甘い風味の両方が、暗くローストされたモルトの使用に起因しているため、一口一口が最後と同じくらい格別です。

‭http://www.leffe.com/en/beers/leffe-blond#slide-4‬

Leffe Beerは非常に軽いフルーティーで、フルーツ、ナッツ、チョコレートの香りと口当たりの良い非常に素晴らしい甘い風味があります。

ヨーロッパ旅行中にベルギーで飲んだ。それは驚くほど素晴らしかった。

ヨーロッパを旅行する前に、ベルギービールは素晴らしく、有名で、おいしいことを知っています。でもベルギーのどんなビールがいいのか知りませんでした。

ベルギーに向かう途中で、私はビールを飲むパブを探しましたが、それは昼食時でした。

そして、偶然レフビールを提供しているレストランを見つけました。それで私はそこに行きました。

それは私にとって幸運でした。レフブラウンの味を知ることができたからです。天国にいるように感じました。

ケルシュビール

最後はケルシュビールです。ケルシュビールはドイツのケルンで醸造されています。

軽いビールで、味はリンゴのようで、リースリングワインはフルーティーさのようです。

だから私は大量のビールを飲むことができました。

さらに、ケルシュビールは伝統的な0.2リットルのケルシュグラスで提供されています。

ケルンに行ったとき、ケルン駅近くのパブでケルシュビールを飲みました。

もちろん、ビールは伝統的なグラスで提供されます。それで私は一瞬で底を最後まで飲んだ。

ケルンのパブでは、待機スタッフの何人かが常にケルシュビールを飲みながらパブを見回っていました。

ビールとスタッフの好みのために、ケルンで大量のケルシュビールを飲みました。私は天国にいるように感じました。

結論

あなたが読んだように、私は3種類のレジェンドビールを知っていたので、私は天国のように感じました。

美味しいビールについてもっと知りたい。教えてコメントしてください。

読んでくれてありがとう。

まさき