Boozy boffins:日本初の科学のパイントはバイリンガルスマッシュでした

聴衆は少し飲んでいて、ほとんどの顔に笑顔があります。深大貴久による画像

東京の学生街下北沢の中心にあるグッドヘブンブリティッシュバーで正午に時計が鳴り、マイクを渡されて「ショータイムです」と言われます。この時点で、空白になったことに気付きました。ぼんやりとした手にマイクを持ち、観客に向かって話し、後ろ向きにムーンウォークし、ステージから落ちます。はじめに。この種のことは、世界中の大学院プログラムでの「ソフトスキル」トレーニングでは実際には出てきません。つまり、科学コミュニケーションイベントの舞台を指揮する自信のあるMCになる方法です。私のような研究者は、彼らの研究の内容、理由、方法を聴衆に伝えるのと同じくらい簡単なことをするだけで、快適な領域から抜け出すことができます。

何を言っているのか、何をしているのかわからない#KeepCalmAndcCarryOn。深大貴久による画像

最初は2つありました

2014年に、世界のパイントオブサイエンス組織の共同設立者であるPraveen Paulが私に連絡し、日本で同様のイベントを開催することに興味があるかどうか尋ねました。京都のポスドク研究員。 Praveenは共同設立者Michael Motskinとともに、2013年にロンドンでPint of Scienceを開始し、現在では11か国と複数の言語に広がっています。アイデアは簡単です。毎年5月中旬の3日間に、地元の大学から最高の研究者を、同じ都市のできるだけ多くのパブに招待します。非科学者も科学者も、他の楽しい活動とともに夜を飲みます。一般市民の関与は新しいアイデアとは程遠いものの、科学のパイントは大学に一般の人々を招待するという標準モデルから離れたいと考え、代わりに科学をより非公式な設定へと導きました。

通常の時間不足の言い訳では、2017年になってようやく私たちのマネージャーである深大真央の指揮のもとで科学のパイントを組織することになりました。初年度は、誰もが耳を傾けて理解できるように、講演を日本語の日と英語の日に分けることにしました。講演では、量子コンピューティング、集団行動、さらには科学者の人類学的見解や科学の方法など、さまざまなトピックが取り上げられました(非常にメタ)。英語の日の2番目のスピーカーであるWalid Yassinは、自閉症に関する非常にインタラクティブな講演を行い、聴衆を自閉症スペクトラムについての短い自己診断に導きました。その後、彼は2人の非常に喜んでいるが冷静な聴衆をステージに招待し、全員の前で2分間抱きしめました。恥ずかしいですね?私を信じて。しかし、それには十分な理由がありました。そして、アイルランドの90年代の少年バンド、ボーイゾーンの賢明な言葉で、その理由は次のとおりでした:

楽しみのために抱きしめないで、女の子
私を少女にして
理由で私を抱きしめて
そして、理由はオキシトシンにしましょう

最新の奇跡のホルモンであるオキシトシンは、しばしばラブケミカルと呼ばれますが、私たちの生物学のほとんどすべての側面に関連しているため、いつかは重度の自閉症の人にとって本当の治療法になることもあります。現在、ヤシンは東京大学でこのトピックに関する研究を行っています。

必要なのは、有名なビートルズBサイドのオキシトシンだけです。深大貴久による画像

オーガナイザーとスピーカーの両方として、私はもっと神経を痛めるものが何であるかよく分かりません:あなたを引き裂くのを待っている専門家に話をするか、あなたが彼らを死に耐えさせないことを願って、一般に話をします。多くの場合、公共の関与を行う際に素材を馬鹿にする本能的な傾向がありますが、聴衆は質問で泡立っており、より多くの情報を望んでいることがわかりました。私の研究分野に人々が興奮しているのを見るのは実に斬新な経験であり、このようなアウトリーチが、焼け焦げたトーストのような怪しげなニュースをダブルチェックするだけであっても、科学にもっと関与するインセンティブになることを願っています! (常に癌です。)

いずれにせよ、楽しさの感覚はすべてのスピーカーによって共有され、私も彼らが経験から何かを得たことを嬉しく思いました。講演後の最初のクールなビールは、きっと満足のいくものはありません。観客は?イベントの後に、講演で取り上げられた問題について多くの人たちが話し合うことを心待ちにしており、2日間にわたって、あらゆる年齢、背景、民族の人々が集まり、このコミュニティが今後成長することを願っています。

ロボットを判断します!深大貴久による画像

親愛なる科学者、もう一度舞台へ

未来に目を向けて、植物学者とのハイキング、分子生物学者とのバイオハッキング、宇宙論者との星空注視など、科学者との交流を可能にするために、より頻繁な小規模な交流会と活動を組織したいと考えています!また、私たちは事前に「ミニパイントオブサイエンス」または「ハーフパイントオブサイエンス」(商標出願中)と呼んでいる講演を行うために、パブリックエンゲージメントの経験を得たい新進の科学者を探しています。彼らは次世代の科学者になるので、悪い習慣が始まる前に今すぐ練習を開始することが不可欠です。

Pint of Science 2018では、東京のより多くの会場と日本のより多くの都市に拡大したいので、ボランティアと会場も必要です。興味のある方は、Facebook、Twitter、またはpintofsciencejp@gmail.comまでメールでご連絡ください。もちろん、パイントとの楽しいミーティングがあります!

2017年のチーム:(左から右)カラム・パー、深台真央、三沢隆二、ディエゴ・タヴァレス・バスク、ヴィヴィアン・カサロリ、深台隆久深大貴久による画像